冬のお散歩(4)

「ひとしきり走ったし、そろそろ帰ろうか」
という時間の直前の一枚。
最後の最後まで、全速力で走ってます。

写真は手前の草にピントが合ってしまい、被写体がぼけていますが、これもまた味かなと思って出してみました。
F値の少ないレンズは、こういう偶然の一枚みたいな写真が撮れるのが素晴らしいですよね。
F2.8でこれだけ被写界深度が浅いということは、F2とかF1.8だとどんな画になるんでしょうか。

ちなみに、このあと小豆は体力が尽きてしまい、飼い主の腕に抱えられながら帰宅しました。
でも楽しかったね、小豆。
また行こうね。

201601121

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です