赤ちゃんその2

「明日あたりに産まれそう。早くても昼以降、たぶん夜かな。」
という医師のコメントを受け、職場に翌日の午後半休を申請し、当日を迎えました。

予定では、いったん帰ってカメラを持って病院に行くはずでした。
長丁場になるかもしれないから、普段着に着替えてから行った方がいいかな、とさえ思っていました。

IMG_4456

出産当日の朝、陣痛室に行ってくるというLINEを受信し、昼すぎにはそっちに到着できる旨を伝えました。
そのまま仕事を続けていると、突然「今から分娩室に行く」というLINEが!

時間はまだ11時。
えっ!? 早くない!?
そう思い、仕事の引き継ぎをして、12時ちょうどに会社を出て病院へ直行。
13時前に病院に着き、分娩室に行くと、汗だくで今まさに頑張っている妻がいました。

「どうする?ここで見てる?」
「どっちでもいいよ、見ててほしい?」
「まだかかるかもしれないから、表で待ってて」
「わかった」

そんなようなやり取りをした気がします。
表で待つこと2時間近く。
2時45分頃、医師が出てきて「おめでとうございます、産まれましたよ」の言葉をいただいた。
分娩室に入ると、そこには初めて見る新生児と妻が。

IMG_4475

新生児って小さいんですね。
産まれてすぐの新生児って、初めて実物を見たんですが、とても小さい。
でも抱いてみると、小豆が我が家へやってきたときよりは、大きくて重い。

こうして小豆の弟が、この世に誕生したのでした。

IMG_4448

このエントリーの写真は全て産まれて3日目、退院を翌日に控えた我が子の様子です。
前のエントリーに掲載した2枚は6DにEF 24-105mm F4 USMで撮影。
このエントリーでは、EOS Kiss X7にEF 40mm F2.8 STM。
どちらも絞り優先で、可能な限り絞りを開いて撮影しています。

IMG_4446

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です