南アルプス山行二日目

予定通り、3時に起床、4時には朝食を終えて、5時ちょっと前に出発。
いわゆる「サシゴ」というやつだ。

出発は4時50分。辺りはまだ暗かったものの、ヘッデンなしでも歩けそうなほど月明かりが煌々と照っていた。念のため頭にヘッデンを装着して歩き始める。
2時間ちょっとで白根御池小屋へ到着。
ここまでは陽がまだ上がりきっていなかったのと、樹林帯だったこともあり、涼しく快適な道のりだった。

白根御池小屋からは「草すべり」という斜面を登る。
ほとんど木が生えておらず、草地で急斜面なので、後頭部に思い切り陽射しが当たる。
あまりにもキツくて写真を撮る余裕がなかったです。

131020b

草すべりが終わった辺りで小休止して、早めのランチ。といっても、まだ朝の8時45分。第二の朝食かな。
上の2枚目はこの時の写真。大樺沢の雪渓を見ながら撮影してみました。

131020c

また登り始め、肩の小屋に到着したのが10時半。
こまめに休憩を取っているものの、なかなか良いペースで登ってきている。
山頂まではもうすぐだ。

そして山頂着が11時半。
ペースが、がくんと落ちた。
北岳山頂で写真を撮ってもらったけど、本人が写っちゃってるのでアップは止めときますね。

間ノ岳に向けて出発。
おかしい。全くペースが上がらない。
いや、それどころかペースが落ちてきてさえいる。
休み休み、騙し騙ししながら進んで行き、ようやく北岳山荘に到着。
そこでこの日の山行を終わりにしても良かったのだけど、まだ12時半。
山荘でアンパンとジュースを買い、血糖値を上げてみることにした。

ひとしきり休憩して、出発。
やはり重い足取り。もう少し進んでみて、ダメそうなら北岳山荘に戻ってテント張るかなーなんて考えながら歩いていく。

しかし中白根山を過ぎたあたりで、脳に糖分が回ってきたのか、急に足取りが軽くなってきた。頭はすっきり、気分も上々、足取りも軽い!と、いつものペースにスピードアップ。

やがて、農鳥小屋に到着。

131020d

農鳥小屋のオヤジさんは16時を過ぎてやってきた登山者に対して、めちゃくちゃ怒るらしい。
たしかに、怒ったら怖そうなオヤジさんではある。
自分が到着したのは15時20分だったので怒られなかったけど、現地で知り合った人は怒られたらしい。
しかもかなり理不尽な内容でキレられたとか。

現地で知り合った仲間と飯食って、酒を飲み、就寝。
天体撮影したかったけど、この日はガスってて何も見えない状態でした。

写真は全てEOS kiss x7に標準ズームレンズで撮影。
jpegで撮って、Web用に縮小したのちPhotoshopでほんの少し明るさと色味を修正してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です