那須三山一日目

11月の三連休のうち2日を使って、那須三山を縦走してきました。

131102a

土曜日の昼ちょっと前にロープウェイで茶臼岳へ。
着いてすぐの辺りは観光客と登山客が混在していて、山っぽい雰囲気は少し薄い。
唯一の救いは、雲海がキレイだったことかな…。

131102b

茶臼岳への登山道はよく整備されていて、地面や岩の感じと相まって富士山っぽい。
それでも上のほうまで来ると、岩の裂け目から蒸気が噴き出している箇所があって、活火山らしさが出てくる。
しかしこういう蒸気って、写真で撮ると全然雰囲気出ないですね。

131102c

山頂はこんな感じ。
いかにも溶岩が冷えて固まったような岩がゴロゴロしていて、木も生えていなくて見晴しは最高。
断面が平らな岩に腰かけてランチにしました。

131102d

お鉢まわりも出来て、噴火口のまわりをぐるっと一周できます。
ここで写ってる白いモヤモヤは蒸気でも噴煙でもなく、単なるガス(霧)なので、別に危険なわけではないです。

131102e

三斗小屋温泉に向かって歩くと、途中の山肌からはもくもくと蒸気が出ている場所が何か所もあって、なかなかカッコイイ。
実は子どもの頃、この山と三斗小屋温泉に一度来たことがあるんです。
そのときの記憶が、この「山肌からもくもくと上がる蒸気」だったので、なんとなく懐かしい気分になりました。

131102f

15時過ぎに三斗小屋温泉 煙草屋旅館に到着。
その日の天気予報は夜遅くから風が強くなる予報だったので、なるべく風よけになりそうな茂みに一番近い場所にテントを張りました。

131102g

煙草屋ではテント泊の人も温泉に入れるので、男性入浴時間(17時~)までの間に夕飯を済ませ、17時半頃にヘッデンを着けて露天風呂へ。
最初は先客と一緒に入ることになったものの、途中からは広い露天風呂を独り占め。
大自然、真っ暗闇の中の露天風呂は最高でした。

二日目に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です