ご挨拶

はじめまして。
まずはご挨拶がてら、このブログの開設の経緯をお話ししたいと思います。

趣味のひとつで登山をやっていて、先日、北アルプスを歩きました。
初日はバスで車中泊して燕岳から登り、翌日に大天井岳でテント泊。次の日に常念小屋から下山というルートだったのですが、そのときに大天井岳で見た満天の星空が忘れられず、「この美しい星空を写真に収めてみたい!」と思うようになりました。

元々、コンデジやiPhoneで写真を撮ることは好きで、TwitterやFacebookに投稿したりしていたのですが、コンデジやiPhoneでは表現に限界がある。せいぜい色合いや構図を考える、コンデジならそれにプラスして絞りやシャッタースピードを変えてみる、程度のことしか出来ないことに悶々としていたこともあり、一眼レフを購入するに至った次第です。

一眼レフ購入に当たって、条件になったのは以下の通り。

(1)小さい、軽い
(2)高くない
(3)できればキヤノンがいい…

の3点。
(1)については、前述の登山に加えて、自転車も好きでよく乗るので、これは絶対外せないポイント。チャリ乗りは100g軽くするのに1万円札を平気で出すといわれるほど、重さにはシビア。自分も「カーボン」という単語に過剰反応してしまう癖がある程度には、チャリ好きの仲間だと思います。

(2)は、普通に働いていて未婚なので、比較的自由になるお金はなくはないですが、それでもやはり最初は入門用の安いものから始めたい。かといって、安物買いの銭失いにはなりたくないので、それなりに安心できるものを使いたい。というジレンマ。

で、(3)。うちは父がニコン派、母がキヤノン派だったのですが、修学旅行やら何やらで母からカメラを借りて持って行っていたこともあり、ただ単純にキヤノンなら使ったことがあるという安心感から。あ、もちろんフイルム時代の話です。

という3つの条件をもとに、グーグル先生に色々問い合わせていたところ、自分にぴったりのカメラがあるではないですか!その名も、「Canon EOS

Kiss x7」というモデル。「世界最小・最軽量の一眼レフ」という謳い文句は、チャリ乗りにも、山好きにも優しい!まさに自分のために登場したカメラかのように燦然と輝いていました。

K0000484120その後、価格コムと睨めっこの日々を経て、1か月半後にようやく入手。
そしてその日から、「どうすれば良い写真が撮れるようになるのか」というテーマに悩む日々が始まるのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です