バンコク中央駅

IMG_8112また少し前の写真ですが、2016年7月のタイ旅行からもう二枚。
タイ国鉄のフワランポーン駅(通称:バンコク中央駅)です。

ホームとホームの間の線路の部分を、客が普通に横切っています。
日本では安全上こういうことはあり得ないので、すっげー!という思いでシャッターを押しました。
駅舎は趣のあるアーチ状の屋根、車輛のドアより随分と低い高さのホーム、どこをとっても鉄道好きにはたまらない絵ではないでしょうか。
とくにこの美しいアーチ状の屋根を目にしたのが、ミラノ・チェントラーレ(ミラノ中央駅)以来だったのと、ミラノの雰囲気とは全く違った(別の趣のある)屋根に見入ってしまいました。

車輛の向こう側に並んでいるのは、駅員でしょうか?それともパーサー?複数いるし車掌ではないかな?タイ国鉄には詳しくないので、その辺は分かりかねますが、海外旅行に行って鉄道を見ると、なんとなく地元の雰囲気が分かる気がします。出来れば乗ってみたかったですが。

カメラはEOS 6D、レンズはEF 24-105mm F4。設定はf/4、1/40秒、ISO 250、望遠は45mmだったようです。
屋内で暗かったのと、駅舎の向こう側の空がめちゃくちゃ明るい太陽の光ということで、白飛びしてしまっていました。RAW現像のときに、ハイライトを完全に落として、シャドウを持ち上げ、かつ色味を少し調整しています。

 

IMG_8132

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です